ホーム > 壺中対談 > 佐久間象山 山水図 職人の仕事(シミ抜き)

壺中対談Interview

2023.12.06
佐久間象山 山水図 職人の仕事(シミ抜き)

村田義行先生より、掛軸に折れもなくシミもさほど多くない。それほど悪い状態のものでないと言うことでした。染み抜きすることで、いまよりも全体が少し白く感じられるようになるかもしれないことをご了承してくださいとのこと。また、山水画であるので、華美にせず中国風の「明朝」という形式(元の掛軸と同じ形式)の掛軸にすること。また元の掛軸を活かすことと、なかなかのものが使われていることから、文字と軸先はいまの軸掛の物を使うことでした。染み抜きの期間はおよそ2~3か月くらいくだいとのことでした。軸装するには、今の季節が一番よい季節だそうです(菊山武士先生からのメール)

検索
前月 2024年2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
壺中対談ランキング