ホーム > 壺中対談 > ジョルジョ・モランディー

壺中対談Interview

2017.01.10
ジョルジョ・モランディー

20世紀イタリアを代表する画家。静物と風景を描いた。74年の生涯を独身で、妹達、両親と生まれ故郷のボローニャで過ごした。長身で、故郷を離れたのは人生で一回だけ。F5位の本当に小さな作品「風景」(エリス・フェリ・コレクション所蔵)が大好きにな作品。入江観さんから「宇都宮さん、是非観とくべき画家」と紹介されなければ、生涯出会なかった画家。日本では去年、17年ぶり三度目の展覧会だったが次回、いつ開催されるか分からないが、来たら是非みたい画家。

洲崎海岸

検索
前月 2020年7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031