ホーム > 壺中対談 > どこへでも 吉武弘樹

壺中対談Interview

2017.07.19
どこへでも 吉武弘樹
物として目に見える風景やドアを描くのでなく、そこから感じる「時」を描きました。ドアは時間を覗くためにあけた扉です(作者:吉武弘樹)

IMG_5695
(どこへでも アクリル50P)
検索
前月 2020年7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031