ホーム > 宇都宮ニュース > 680=637+637 

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.05.20
680=637+637 
毎月昔も今も相当数の新しい本が出される。時代、歴史に耐えうる本として文庫本になる。文庫本になる事により知の普遍化がされ古典となる。
1995年、20年前に購入した新潮文庫からでた司馬遼太郎さんの「覇王の家」は定価680。それから20数版を重ね「覇王の家」は上巻と下巻にわかれ、各々定価637円になっていた。文字が大きくなり観やすくなった。20年の僕自身の眼の筋肉の衰えからするとありがたい事。
本の内容、文章、文字数ももちろん同じ。作家に入る著作権料もまだある。この差額@594円を考えると面白い。同じく司馬遼太郎さんの「関が原」は上巻・中・下巻、当時もこのように3巻に分割されていたのかとふと考えた。いずれにしても司馬遼太郎ファンとしては気にしないのだが。
ビジネスで使える。
2015.5.20
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング