ホーム > 宇都宮ニュース > サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.04.21
サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール
セザンヌが故郷で描きつづけた山、サント・ヴィクトワール。幾つか描かれているが晩年のシャトー・ノワールは屈指の名品。ブリヂストン美術舘のコレクションのなかでも代表的な作品。このたび本社が建替えられる為、しばし見納め。創徳のオフィスから目と鼻の先。社長室からも観える。
横浜の一大コレクター原三渓がパリで購入したものを売りにださざるをえなくなり日動画廊の初代、長谷川仁が顧客の石橋正二郎に持ち込今では当館の代表的な作品。25号で今の価値で3億7千万で購入したのだが、昭和62年のゴッホのひまわりが58億からくらべ安すぎる。10倍の37億が妥当との評価らしい。もうなんども昼時にストレスが溜まった時ぷらっと観に行った。連休中また。
2015.4.21
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング