ホーム > 宇都宮ニュース > ミュシャと川瀬巴水

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.04.16
ミュシャと川瀬巴水
「小学校の頃、夏休みの宿題で絵を描いていると母親が自分の描いている筆を動かしてゆく。見る見るうちに上手な絵になってゆく。画とはこのようなものかと歓心した」 「自分はぜんぜん絵がそのごもだめですが、観る事と、収集はします」 と大手商社から上場会社の企画、M&A担当者。もう10年近くのお付き合いだが、隣の丸善で開催中の川瀬巴水を観てきて、よかった事とミュシャの作品をパリで購入し持っていること、当時帝国ホテルに出てきたサザビーの事務所でビュッフェの作品をオークションしたら落札され、海外から自宅に届いたことなど話され、僕自身びっくりした。
M&Aの本来の話にもどると俯瞰的な厳しい判断は変わらずで帰られた。
2015.4.16
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング