ホーム > 宇都宮ニュース > 宮沢賢治 永訣の朝

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.04.14
宮沢賢治 永訣の朝
宮沢賢治の詩集のなかで永訣の朝が好きだ。高校のときこの詩を詠んだ。
けふのうちに とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ みぞれがふっておもてはたいへんあかるいのだ (あめゆじゆとてちてきんじゃ) うすあかくいつさう陰惨な雲から みぞれはびちよびちよふってくる (あめゆじゆとてちてけんじや)
圧倒的に豊富なイメージとつくりだされる斬新な語彙が魅力。
2015.4.14
検索
前月 2024年2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング