ホーム > 宇都宮ニュース > 弁護士K先生

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.02.19
弁護士K先生
もう、だいぶ以前の事。父親の生家が信州、佐久にあり、少年の頃、夏休みに行った楽しい思い出があるんですと80歳近くの企業法務で著名なK弁護士の開口一番の言葉。身内が経営されている会社の事業譲渡、MBOの仕事を頂いた。当時掲載中の仕事人秘録を読まれており、案件の打ち合わせより、K弁護士の楽しかった信州佐久での昆虫採集やサイクリング、つりや浅間山、高原のおいしい空気の話ばかりだった。「弁護士になられた息子さんに、継がされないんですか?」と聞いた。「彼は民事に進み、一番弁護士が少ない北陸に住み、弁護士活動をしている。期待していなかったが、弁護士になってくれた。それ以上、宇都宮さん、望むべきものではないんです」長い親子間の歴史を垣間見た。K弁護士はいまも一線で活躍されている。
2015.2.19
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング