ホーム > 宇都宮ニュース > 電通鬼十訓

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2007.04.24
電通鬼十訓
創徳企業情報を創業したての頃、経営哲学を示すべく社訓を作成しました。
これは電通の中興の祖、吉田氏の電通鬼十訓をそのまま弊社の十訓にしたのです。
ニューフェイスが入社する度、プリントアウトして配りました。商売柄いろいろな企業に訪問し社訓、社是など見ましたが、これが一番です。ご参考までに以下に記載いたします。
1、 仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきではない。
2、 仕事とは先手先手と『働き掛け』ていくことで、受身でやるものではない。
3、 『大きい仕事』と取り組め。小さい仕事は己を小さくする。
4、 『難しい仕事』を狙え。それを成し遂げるところに進歩がある。
5、 取り組んだら『放すな』。殺されても放すな。目的完遂までは・・・。
6、 周囲を『引きずり廻せ』。引きずるのと引きずられるのとでは永い間に天地の開きが出来る。
7、 『計画』を持て。長期の計画をもっておれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8、 『自信』をもて。自信がないから君の仕事には迫力も粘りも厚みすらない。
9、 頭は常に『全回転』。八方に気を配って一分の隙があってはならぬ。サービスとはその様なものだ。
10、 『摩擦を恐れるな』。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと、君は卑屈未練になる。
ちなみに今の新メンバーには
・・・(事に当たっては誠実に)明るく、楽しく、儲けましょう。・・・
仰々しく、日本経済の一翼を担うなどと肩肘張らず、此処にちゃんとマーケットが在るのだから。
2121212121212.jpg
創徳企業情報 宇都宮徳治
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング