ホーム > 宇都宮ニュース > 日動画廊創業80周年記念祝賀会・・・第38回日動展(2)

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
日動画廊創業80周年記念祝賀会・・・第38回日動展(2)
RIMG0027.jpg  (左から)山本貞先生、私、入江観先生 
帝国ホテル「富士の間」に着くと、日動画廊の江村さんから長谷川徳七社長、
長谷川智恵子副社長を紹介される。夏に創徳企業情報の会社案内作成の写真を写真家の織作峰子さんに依頼し、撮影場所として銀座、日動画廊を使わせてもらった。
お礼と80周年のお祝いの言葉を私から述べる。夫唱婦随でやってこられた名コンビで明るく華やいだ方。芸術のエスプリを頂く。
%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%B2%9E.jpg    %E5%85%A5%E6%B1%9F%E8%A6%B3.jpg        
    山本貞「彩りの森」             入江観「プロヴァンスの川」
立食でしたが、好きなフランス産の赤ワインのグラスを持ちながら会場奥に進むと、
会場に私が購入した山本貞さんの「彩りの森」入江観さんの「プロヴァンスの川」に売約済み印の赤いシール。会場の招待客がそれをじっと見入る姿・・・
日動展開催前に決めてしまったこの優越感はたまらないものが・・・そして
なんと、山本貞さんと入江観さんが何やら親密そうに話を・・・
一流の芸術家同士は派閥なり、人間関係が大変そうで、
恐る恐る・・・「創徳企業情報の宇都宮です」と言うが早いか、
両先生が名刺をさしだす。
実は山本貞先生と入江観先生は昔からの大友人。岡鹿之助に可愛がられた逸材。
偶然にも今回お二人の作品を購入させて頂き、
その両先生が画風は違うが大友人とは。
また、入江観先生は現在、女子美術大学の名誉教授ですが、
NY州弁護士の大橋弘昌氏のご両親(昭和電工の大橋会長)と昔から親しくしており、お母様に若い時から絵を教えていたとの事。
今回の出展作品「プロヴァンスの川」は日本人画廊オーナーでフランスに城を持つ方のお誘いでヴァカンスに行きそのお城の近くで画いた作品との事。
日動画廊で届いたばかりのその絵を見て、私が即、決めた作品。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング