ホーム > 宇都宮ニュース > 岡鹿之助展

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
岡鹿之助展
              20080526.jpg
先週の日経文化欄で岡鹿之助佐伯祐三氏の紹介記事が掲載。創徳から徒歩1分、ブリヂストン美術館で開催されている岡鹿之助展を観る。代表作の「雪の発電所」は僕の故郷、信州、志賀高原あたりを題材に1956年に画かれたもの。学生時代から展覧会で幾度となくみてますが、静の世界、岡鹿之助の世界で惚れ惚れします。
春陽会を育て、文化勲章受章者です。僕の好きな、入江観さんの師匠。また、山本貞さんも宮本三郎氏の二紀会を最年少で継いでいますが、春陽会、二紀会の日本での2つの洋画壇のリダーが岡鹿之助氏に可愛がられた話しは、去年秋の日動画廊80周年で入江観さん山本貞さんお二人からお聞きしました。
そして画壇が違っても、山本貞さん、入江観さんの両大家が仲がよく、くしくも僕が集めた絵画が両大家であった事が僕にとり自慢です。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング