ホーム > 宇都宮ニュース > 日光と入江観先生

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
日光と入江観先生
ここ数年前から週末、日光に行く。日光東照宮霧降の滝湯滝中禅寺湖竜頭の滝裏見の滝戦場ヶ原空海が修業した寂光の滝
入江観先生の実家は日光東照宮の近くとお聞きしました。ご先祖は信州からこちらに。
「前、郵便切手で冬の霧降の滝の依頼を受けたが、僕は「緑」が得意。冬はむず
かしい」と入江観先生。結局、受けたのかどうか分かりませんでしたが。
23年ぶりの入江観先生の個展で、初日(日動画廊)長時間先生の人柄をお聞きする貴重なお時間を頂きました。
画業において「平明さ」をおっしゃっておりました。師匠の中川一政氏の事、いま、ブリジストン美術館で開催の岡鹿之助氏から大変ほめられ天にも昇る気持ちになり、勇気づけられた事など少年のような眼差しで話される入江観先生を見ていて芸術は永遠だと。
200805061.jpg        200806063.jpg
 
「サント・ヴィクトアールとオリーブの樹」は胸を開く気持ちで画かれ、「樹間のサント・ヴィクトアール」は構図に懲り画かれたそうです。
200806062.jpg               
「入江観先生!自信作ですか?」と僕。
「うん!」入江観先生。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング