ホーム > 宇都宮ニュース > インド仏経徒の頂点に立つ日本人

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
インド仏経徒の頂点に立つ日本人
              2008102301.jpg
インド仏経徒の頂点に立つ日本人 佐々井秀嶺氏を書いた「破天山際素男著、光文社新書をパウルクレー研究の世界的第一人者、宮下誠先生からプレゼントされる。週末、厚焼き玉子を作る合間に読みかけましたが、これは結構「重い」
アジアの未来を展望する上で、最重要の超大国であるインドの宗教指導者が日本人である事の意義に、一人でも多くの人がきづいてほしい。(宮崎哲弥評)
「人間失格者」から「粗法師」へ
「金もいらぬ、名もいらぬ、命もいらぬ」色情因縁の、悩み深き人間がインドで
「観た」ものは・・・?「生」を根源から問う、数奇にして壮絶なる波乱万丈の半世紀(本の帯より)
昨夜ねがけに読んだら、「これは面白い!」宮下誠先生から頂いた「ゲルニカ  ピカソが描いた不安と予感」も読みかけ、早めに読もう!
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング