ホーム > 宇都宮ニュース > 歴史問題を考える上で

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
歴史問題を考える上で
200905011.jpg     200905012.jpg
昨日の麻生首相温家宝首相の日中会談の報道をみていて、相変わらず中国から歴史認識・靖国問題が挙げられている。
「歴史問題・靖国問題」を考える上で以前紹介した「歴史とはなにか岡田英弘著は大変示唆に富み参考になります、絶対お薦めの一冊。
岡田英弘氏は満州・中国史など歴史学者として海外からも1級の評価を受けている学者で、僕の尊敬する人物です。
「国家」「国民」の概念、漢字は日本語から中国に渡ったもの。「中国」という言葉も満州語・日本語がかかわって4段階を経て現代、国家国民を意味する「中国」になったと指摘してます。(19世紀末まで、中国という国家も、中国人という国民もなかった 日本製の「支那」を経由した「中国」の章より P187)
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング