ホーム > 宇都宮ニュース > サントリーの源流 薬種問屋小西儀助商店

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
サントリーの源流 薬種問屋小西儀助商店
200907211.jpg  200907212.jpg
 
1990年バブル絶頂期、証券会社でM&A部門担当の時、高知県にある酒類卸の旭食品から神戸にある名門企業コーベコニシ(当時・酒類卸)への資本・業務提携(M&A)の依頼を受ける。
案件を発掘してきたのは元内閣府大臣政務官、現参議院国土交通委員長の田村耕太郎参議院議員。当時、僕の部下として家電流通の大型M&Aをまとめ鼻息荒く、「宇都宮さん!次は食品卸の再編は間違いなくあります」といってまたもや全国行脚。暫らくして発掘してきた案件でした。
実はコーベコニシ(当時・酒類卸)は薬種問屋、小西儀助商店(現在はボンドのコニシとして)の流れを汲んでおりサントリーの創業者、鳥居信治郎氏が丁稚奉公した歴史のある名門企業。鳥居氏は洋酒の取引をそこで学び今日のサントリーがあります。
一方、高知県の旭食品は三菱商事キリンと親しく、今回のキリンとサントリー
の経営統合(M&A)の報道を聞いて旭食品VSコーベコニシの案件を思い出しました。
この案件は足掛け約1年半、東京から神戸、東京から高知、高知から神戸と今思えば30代でしたが、体力のいったM&A(?)でした。面白いM&A交渉で一冊の物語ができます。追々宇都宮NEWSで、タイトルは「名門企業を口説け」「お姫様を口説け」「お姫様を狙え」で掲載します。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング