ホーム > 宇都宮ニュース > デュラン・れい子

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
デュラン・れい子
200907311.jpg  200907312.jpg
200907313.jpg  200907314.jpg
南仏プロヴァンスの在住の芸術家、デュラン・れい子著「意外に日本人だけ知らない日本史」は初著書「一度も植民地になったことがない日本」と同じくらい面白く読んだ。お薦めの一冊です。
9年かかるチューリップの球根はトルコが原産。その後フランス、ベルギーなどヨーロッパに伝わるが盛んに栽培したのは根気強いオランダ人だそうです。冒頭から面白い。
また、1919年(大正8年)今から90年前、当時の国際連盟に「人種平等」を提案した国が日本。人種差別撤退を最後まで国連憲章に入れようと粘った。この事実はアメリカ、ヨーロッパではかなり知られているそうです。元駐日大使マンスフィールド氏も推薦図書の序文を書いてるそうです。
ずれてない歴史感覚で相変わらず「旬」を感じるのは著者が芸術家の目(ファインダー)で見ているからかも知れません。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング