ホーム > 宇都宮ニュース > クリントンの訪朝

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
クリントンの訪朝
オバマ政権の登場によってアメリカの北朝鮮政策が大きく変わり、日本が危険な
状態に追い込まれる事を、われわれはいまあらためて覚悟しなければならない。
アメリカの歴史をみると、これまでアメリカの大統領はいずれも北朝鮮にだまさ
れたが、民主党の大統領はとくに手ひどいあつかいをうけてきた。カーター大統
領は、きわめてナイーブな平和主義と人道主義の考え方をもっていたために、北
朝鮮にとりこまれた。
クリントン大統領は、自らの外交政策を国民に高く売りつけようという政治的な
意図を持っていたために北朝鮮にだまされたが、その事実を国民には隠した。
日高義樹著「オバマ外交で沈没する日本」より
今年6月に出されたこの本で日高氏は最初の章で「オバマは北朝鮮と正式国交を
樹立する」と重要視し取上げてます。歴代アメリカの大統領は北朝鮮問題には関
心が薄く、外交上の小さな問題と考えているが、日米安保条約にもとづいて国の
安全を維持している日本にとっては、アメリカの北朝鮮政策は死活にかかわる問
題とも指摘しています。
結局、オバマ大統領は経済政策ではなく外交政策の失敗・問題を指摘している本
書は推薦の一冊。
200908057190434.jpg 200908057190562.jpg
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング