ホーム > 宇都宮ニュース > 110兆円の水ビジネス

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
110兆円の水ビジネス
200911271.jpg  200911272.jpg
200911273.jpg  200911274.jpg
水のM&Aビジネスには創徳企業情報として創業時代から大変関心があり、案件の発掘、情報収集をし、たぶん業界で相当量の情報を把握している。
2025年には世界規模で110兆円のビックビジネスになると云われ続けましたが日本は東レ日東電工など装置産業(膜の技術)では今のところ世界をリードしているが水の施設建設・運営、管理、料金徴収などの事業インフラではヴェオリアなど世界3メジャーの牙城で、勝てません。110兆円のマーケットで、僅か1兆円の規模。日本の技術は素晴らしいかもしれませんが、ここにもビジネスの仕組み、取り組み方に大きな問題がある。
GEがカナダの水処理会社、ゼノンなど矢継ぎばやにM&A(買収)し高機能排水浄化膜のシェア世界一になり、俄然と中国でビジネス展開を行い、水ビジネスで大きな収入源になることは間違いない。企業としての戦略の違いがここにもでている。
日本の大手商社の担当者に聞いてもプランはあるが行動が伴っていないのが現状です。石油から水資源。ここでも「和製メジャーは遠い」と感じるのは僕一人ではない。
鉄道施設の売り込みと同じく、国家プロジェクトとして動くべきだ。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング