ホーム > 宇都宮ニュース > 100年予測

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
100年予測
201002121.jpg  201002122.jpg
今週の東洋経済に「2020年の世界予想を34人の賢者に聞く」で取上げられている。
そのなかで僕はジョージ・フリードマンの「100年予測」がたぶん一番的確にこれからの世界予測をしていると思う。著者は私は水晶玉などもっていない。と前書きで言っているように、地政学と人口動態、文化、軍事における動向から予測をたてています。
リーマン以後の世界経済の牽引役の中国。その高度成長の中国を本書、第5章(P157から)で取上げていますが、僕はこの予測が一番的確に2020年、あと10年後の中国を言い当てていると思う。是非必読を。「米国の繁栄はこれから。唯一の対立軸は日本」だそうです。
去年、中国史に詳しい世界的な歴史学の泰斗、岡田英弘氏のオフィスに出向き直接、中国史をお聞きしましたが、ジョージ・フリードマン氏の読みと符合する。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング