ホーム > 宇都宮ニュース > 空海の風景

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
空海の風景
20100419.jpg
空海は、インドでも唐でも、なお多分に流れた・・・土俗のにおいのある・・・状態にあった密経を、あまりにもみごとに矛盾を消し、論理化し、くるいのない結晶体としてつくりあげた。このため、空海以後に出てくる真言宗のひとびとは、教学の面でやることがなくなったのではないか。ということである。
いまでも、私のなかにその疑問がある。真言宗は空海以後、多くの俊才が出たが、しかし教義を発展させるという仕事は、ほとんどしてないように思える。空海が、完璧な体系をつくりすぎたせいではないか、ということである。
一方天台密教の成立は最澄が死んでからである。鎌倉の新興仏教の始祖たちが、最澄の持ち帰ったものを部分的に独立させ、深めた。(司馬遼太郎、空海の風景、下巻より)
僕自身の密経に対する永年の疑問が氷解した。
ことしはまだゆっくり空海の世界を回遊することにする。1992年5月20日読了から18年経過した春に。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング