ホーム > 宇都宮ニュース > 結果を出し続けるために

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
結果を出し続けるために
20110204.jpg
羽生善治著「結果を出し続けるために」は推薦の一冊。多くの選択は後悔しやすいの章は勝負師だけでなく考えさせられる。シーナ・アイエンガーの「選択の科学」そのものの世界で共通するところが多い。
インドで生まれたチャトランガが19×19マスの「摩訶大大将棋」、15×15マスの「大将棋」12×12マスの「中将棋」など経て、どんどん盤を小さくして約400年前の日本で現在の9×9マスの将棋になったそうな。
取った駒を再度利用するという日本独自の大発明で非常に奥深いボードゲームに進化したそうです。
運、ツキ、バイオリズム、直感など読んで大変参考になる本です。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング