ホーム > 宇都宮ニュース > 歴史のなかの邂逅

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
歴史のなかの邂逅
20110209.jpg
司馬遼太郎氏の歴史のなかの邂逅を週末読む。そのなかで徳川家康について、日本史上最大の人物に仕立て上げた運は、たった一つ彼が三河に生まれたことと書いている。
それと律儀ものを74歳の大阪夏の陣まで通し、世論をつくったこと。以上2点のみであったがこの待てる家康も15年の関が原の勝利の後、狡知にみちた策謀家に一変した。それが哀れにも後世の不評得た。
信長、49歳、秀吉63歳。それにしても74歳で現役軍人として、その半世紀を合戦に充満した軍人は古今東西の歴史においても家康をおいていない。
これが、僕自身、家康が3人の中で一番好きなところです。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング