ホーム > 宇都宮ニュース > 好きな建築 リッチモンド開発 

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
好きな建築 リッチモンド開発 
20111221.jpg
設計クインラン・テリーのイギリス、サリー州リッチモンドにあるリッチモンド開発は好きな建築。1980年中頃、いまのユーロ危機とはかけはなれイギリス、テムズ河畔の裕福で歴史のあるロンドン郊外リッチモンドの住民は河畔開発に近代的コンクリートの建築とこのクライラン・テリーが提案した地味で控えめの新古典主義の建物の選択があり、結果この建物を選択した。当時の建築協会はこの建物を酷評したそうな。
「中心部を商業開発し、歴史的な町の質を向上させた始めての町」(死ぬまでに見たい世界の名建築1001より)
当時のイギリスも金融で活気のあったとき。コンクリートのモダン建築を住民が選択しなかったのはたぶんにイギリス人気質ですが、そのようなイギリス人の文化なり歴史認識が好きです。この建築はイギリスの心を反映した建築物と考えることができるのかもしれない。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング