ホーム > 宇都宮ニュース > 短歌ブームについて

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
短歌ブームについて
20120410.jpg
角川文庫、角川映画の絶頂期に俵万智の「サラダ記念日」の出版の話が持ち込まれたが、短歌をたしなむ角川氏は短歌は売れないとの判断で、見送り。河出書房が出し空前の短歌の大ブームに繋がった。
人間は得手としていることで判断を見誤るものだ。バブル期の1980年代後半の出来事だが時代はいつもくり返す。
自分が関与したM&Aも創業者から上場会社、ファンドそしてまた事業会社に買われた。なんと時代の変化の激しいことか。
VCMBO等M&A手法はなんであれ売却価格がそれにつれ高くなっているのだから、それはそれとして評価されるのであるが、それにより雇用創設がどのくらいなされたかを評価判断とするのなら評価は分かれる案件かもしれない。
短歌ブームと米国で起きたLBOブームそして何周か遅れで今日
日本で起きているM&A事情をみるとシンクロしているように思える。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング