ホーム > 宇都宮ニュース > 吉武弘樹

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2019.04.10
吉武弘樹
久留米から吉武弘樹さんが上京された。日本橋高島屋で久しぶりに話をした。別れ際に「自分ももう一度原点に戻り絵画を見つめなおしたい」と36歳の新進気鋭の画家。青木繁、坂本繁二郎、ブリヂストンの創業者石橋氏を生んだ文化のふるさとでゆったりした時間を過ごしじっくり作品を描いてもらいたい。そしていつまでも権力におもねることなく、純粋な心を持ち続けてほしい。第51回昭和会賞を受賞した「未来の計画」は名作。僕の一番のお気に入りの作品。
吉武弘樹さんは東京芸大を首席で卒業。平山郁夫賞、第51回昭和会賞を受賞。
The world is my play ground
吉武弘樹(The world is my play ground)この作品はいくつかの雑誌でも紹介されている。僕の好きな作品。伊藤若冲と北斎が忍び込んでいる精緻な作品。
アルパカ
吉武弘樹(アルパカ)平成と言う時代を睥睨、俯瞰しているよう。
検索
前月 2019年7月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ