宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.09.10
「宇都宮さん、大村智先生です」と日動画廊の長谷川徳七社長、智恵子副社長から紹介された。日本の女性画家の発展のため絵画を購入、生まれ故郷の山梨にそれを収める美術館を造りそっくり寄付をされた。研究者として働いた北里研究所の財政ピンチには250億円を投入し改革をした。北里メデイカルの設立にはヘリコプターを飛ばし大きな病院を造り収集された絵画であふれさせた。
定時制高校の先生から昼間は理科大の大学院で研究者として歩みを始めた。自然界にある有機化学物質から3つの有力なものを発見し、ひとつはいまだに世界中で一番使われている薬となっている。アフリカ・南米でおきる河川盲目症の薬、イベルメクチンの特許使用料を大村智さんが放棄したため年間2億人が盲目から守られている。
もうだいぶ以前のこと、拙著をお渡しした。丁寧な自筆のお手紙を頂いた。大切に保管している。
人柄はいい顔となって現れる。「世界中の栄誉の賞を総なめにしている」と長谷川さん。ノーベル化学、平和賞両方に一番近い人と後日知った。
2015.9.10
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング