ホーム > 宇都宮ニュース > 田中一村 青木繁

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.09.04
田中一村 青木繁
早熟の天才画家、田中一村が好きだ。「アダンの海辺」など。50歳で奄美大島にわたり69歳、地元の染色の手伝いをしながら、独身で日本画家をまっとうした。芸大同期には生前から高い評価を受けた東山魁夷、橋本明治がいる。終の棲家も1985年、NHK日曜美術で放映され観た。千葉時代に描いた不遇の時代の絵画から抜け出した、奄美での晩年が画家としても最良の作品を生み出している。九州の武家の長男として生まれた明治ローマン派の青木繁。28歳で終わるが、23,4歳に描いた重要文化財の「海の幸」を残す。廃仏毀釈など明治の時代の激変は家督を継ぐべき青木繁には酷だった。2人とも不遇のまま、貧のまま一生をおえた。田中一村、青木繁、
富めるときも、そうでないときも、天才画家とはほど遠いところでも
2015.9.4
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング