ホーム > 宇都宮ニュース > 直観を磨くもの

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.08.12
直観を磨くもの
ルノアールに学んだ梅原龍三郎によると、ルノアールは対象がなければなにもかけない画家だったそうな。ルノアールの絵にでてくるモデル、ガブリエルは14,5歳の頃田舎から出てきて女中のように働いて、同時にモデルとしてポーズをとっていた。ルノアール作品の7割ぐらいが彼女だそうだ。また身近な子供なども対象だったらしい。
色がきれいな事がいい画の条件にあげている。
ジョルジェット・シャルパンティ嬢の絵画が好きな作品。
2015.8.12
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング