宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.07.13
布良
青木繁が22歳の時、「海の幸」を描いた小谷家に行った。布良にある。明治浪漫主義のなかで学友の坂本繁二郎が布良漁港の漁師のスケッチを見せたところ、俄然、青木繁もうたれスケッチをし、あの「海の幸」を小谷家に滞在中の2ヶ月でかき上げた。発表するや当選、時の人になった。
翌年も失意のなか福田たねと訪れている。28歳でなくなる天才の布良は神話に満ちているところだった。
2015.7.13
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング