ホーム > 宇都宮ニュース > 寺田寅彦 天然の無常

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.07.03
寺田寅彦 天然の無常
「天然の無常」という感覚について昭和10年寺田寅彦は「日本の自然観」というエッセイに書いている。無常という言葉は発祥地のインドでも、受け継がれた中国でもいわれながら、一番ビビッドに生きているのは日本です。山折哲夫さんと司馬遼太郎さんの宗教と日本人の対談集。生け花、禅も発祥文化はインド、中国からだが日本に持ち込まれていちばんビビッドにこんにちも生きていると、僕自身も思う。
文保3年(1319年)6月3日滅 随興前住禅燈真燀老禅師  正徳3年(1713年)6月3日滅 権大僧都法印専宮 今日、3日朝過去帳をめくった。
2015.7.03
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング