ホーム > 宇都宮ニュース

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

  • 2020.07.10
    ゆく春や君は抱けり幼子を有島武郎の書物のように(かぜのてのひら:俵万智) ...
  • 鹿野山 秋 ガッシュF6
  • 6月末に日動画廊の長谷川副社長が本を出され、送られてきた。「日本人として国際人...
  • 九州の記録的な豪雨が続いている。久留米市の水害を航空写真で観ていて心配だ。久...
  • 2020.07.09
    君の子を生める女人のほほえみの眉毛も唇三日月の夜(かぜのてのひら:俵万智:ゆ...
  • こんな雨降る日にはこんな気持ち 雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った...
  • 2020.07.08
    女になることむざむざと夕映えのなか芥子のたね握りておりぬ(かぜのてのひら:俵...
  • 徒歩200歩。発想は机でなく再開したアーティゾン美術館にパウル・クレー展を観に行...
  • 2020.07.07
    君の子として生まれきしみどりごを花より早く知るこの四月(かぜのてのひら:俵万...
  • 鉛筆デッサンF6
  • 写真可。 アーティゾン美術館所蔵のルノアールの作品。再開したら是非見に行く...
  • 2020.07.06
    ひきとめる言葉を持たぬ風の中うながすような春雷を聞く(かぜのてのひら:俵万智...
  • 早朝4時に起き、週末はここに来て考えている。1つ年が経つ。 夏の逗子海岸桜山...
  • スーラ 踊る道化 模写F6鉛筆デッサン
  • 2020.07.03
    あの夏に君と笑ったお芝居のチケット栞にして読む詩集(かぜのてのひら:俵万智) ...
  • 立ち上げるサイトでコミュニケーションとは毎晩毎日考えていて 日本橋丸善で手に...
  • 2020.07.02
    真夜中にルルル、ルルル、でとぎれたる電話のむこうをながく思えり(かぜのてのひ...
  • 去年旅立たれる準備をされたそうな。奥様にその人には送る、送らないの指示を出さ...
  • 柘榴 鉛筆デッサンF6
  • 2020.07.01
    かたむいてばかりいるから寄りかかる人をなくしている夜のバス(かぜのてのひ...
  • いつも仲良く話をしている。いつも霧降橋の交差点あたり。新コロナで満員電車を避...