ホーム > 宇都宮ニュース > インターシップからディールメーカーへ

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
インターシップからディールメーカーへ
200903101.jpg     200903102.jpg
創徳企業情報の起業前夜の10年前、伊藤忠商事元専務の緒方さんから部下の小
林栄三部長(
現、伊藤忠商事社長)を紹介される。雑談の後、ウラクで緒方さんが「ところで、
宇都宮さんのM&A会社はイチローを育てるの?」の問い。
「いや、どぶいた踏めるような人材を集めて、緒方さんがつくられたCTCみたいな足腰・営業力の強い会社にします。M&Aの一流ディールメーカーとしてイチローのような人材を育てる事は、非常に関心ありますが、イチローに出会えるかどうかは運ですから」と僕。
結果は100名を超えるインターン・インターンシップを採用しそのなかから資質のある人材を採用しディールメーカーを育成する会社にしました。1年間のインターンシップを経て、いきなり上場企業のトップにあわせるなど実務に放り込み、入社3年以内に米国CPAを取得する事が条件です。
「宇都宮さん!自分にあったスタイルの経営が一番だと年をとってわかりますよ」
と緒方さん。この頃、この言葉がこころの奥深くに。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング