ホーム > 壺中対談 > 入江観展

壺中対談Interview

2017.06.12
入江観展

蒼天の画家は健在なり。画業60余年。23歳で春陽会で岡鹿之助に評価され、パリ留学時代はフランス国立高等美術学校でモーリス・ブリアンション教室でセザンヌに傾斜、その後中川一政と永年の交友をはたす。

それぞれタイプの違う3人の偉大な画家の感化のもとで、その資質を伸ばし、今日の入江観の絵画が生まれたと(美術評論家:平塚市美術館館長代理)の土方明司氏の評がいちばん的を得た表現。

 

 

 

入江観

 

 

検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
壺中対談ランキング