ホーム > 宇都宮ニュース > 洪庵のたいまつ

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.06.02
洪庵のたいまつ
29歳の時緒方洪庵は大阪にもどり私塾、適塾を開いた。そこからは福沢諭吉、大村益次郎などを輩出した。診療をしながら自分が身につけた学問を教えた。その後、奥医師として医師として最高の位になるが塾生を教えていた時の洪庵がその一生のなかで最も楽しかった時期と司馬遼太郎さんは「洪庵のたいまつ」のなかで小学5年生の国語の教科書として書いている。
世のためにつくした人の一生ほど、美しいものはない。ここでは、特に美しい生がいを送った人について語りたい。で始まる司馬遼太郎さんの「洪庵のたいまつ」は国語、文章としても一番好きであり、また、洪庵の生き方は僕自身のこれからの人生において大きな目標。
2015.6.02
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング