ホーム > 宇都宮ニュース > 一流のM&Aマンになるための条件 ・・・相場...

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
一流のM&Aマンになるための条件 ・・・相場観を持て、マーケット感覚をみにつけろ
市場、マーケットに関し、自分で毎日、記録し続ける事。
今はネットからすぐデータ、情報(株、債券、為替等)がとれますが、目で流して
いるだけではダメ。自分の手帳に自分の手で毎日、毎日、記録し書きとめる事。
地味なことですが、一流の料理人が下ごしらえの仕事を決して手を抜かない
ように、とても大事な事。
私は証券会社に入社して以来、また創徳企業情報(M&A仲介)を創業してからも、
約30年間マーケット、市場情報はかかさず自分の手で自分の手帳に、毎朝、仕事
にとりかかる7時30分につけます。
いま創徳にいるメンバーにもインターンシップ時代から、どの様なマーケット情報を付けるのかを教えてきました。メンバー全員が自分にあった手帳に、毎朝、毎朝付けています。
M&Aマンたるもの、単に上場会社のトップ、財務担当者、企画担当者にM&Aの
プレゼンをするだけでなく、今日のマーケット、市場がどうなっているかを把握し、
マーケット(株、債券、為替等)を言い当てる事ができなくても、説明できる事が
大事。
証券会社時代、経済研究所のアナリスト、為替の専門家などを上場会社につれてい
きましたが、マーケットの読みが当たったためしがない。
マーケットとはそんなもんです。
地味な仕事ですが、毎日、毎日やり続けることが一流のM&Aマンになるために
必要な事です。
RIMG0041.jpg
30年つけている手帳
創徳企業情報 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング