ホーム > 宇都宮ニュース > 宮下誠教授 「ゲルニカ」

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
宮下誠教授 「ゲルニカ」
              200810062.jpg
パウル・クレー研究の世界的権威、宮下誠教授が創徳の日本橋事務所に来社。今回は光文社新書から出された「ゲルニカ」宮下誠著 副題:ピカソが描いた不安と予感の自著を頂く。宮下誠先生の専門は20世紀美術史ですが、創徳事務所にこられ、創徳が所蔵している山本貞さんの「昔からの村」「彩りの森」「風の誘い」や入江観さんの「サント・ヴィクトアールとオリーブの樹」「プロバァンスの川」を見られ大変関心されてました。特に山本貞さんの「昔からの村」と入江観さんの「サント・ヴィクトアールとオリーブの樹」が好きとのことでした。(創徳Webの最初のフラッシュの
画面)その後、場所を銀座「春日」に変え、宮下誠先生がスイス出張で仕入れてこられたパウル・クレーの最新情報を聞きながら、楽しいひと時でした。
200810064.jpg    200810065.jpg
200810066.jpg    200810068.jpg
  
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング