ホーム > 宇都宮ニュース > モンテスキュー 法の精神

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
モンテスキュー 法の精神
2008111001.jpg     2008111002.jpg
クイズ問題にでそうなキーワードですが、今年の僕のテーマ。中国、中国人の歴史・国民性の研究のなかで、出てきたのがモンテスキューの「法の精神」です。中国人の国民性をモンテスキューは200年前「法の精神」のなかで的確にいいあてています。
「奇妙なことがあるものだが、中国人は、その性格が完全に礼によって導かれているにもかかわらず、地上で最も狡猾な人民なのである。それは殊に商業の中に現れる。商業はかれらに、本来この業に備わっているべき信実を鼓舞する事ができなかった。買い手には自分固有の秤を持っていなければならない。どの商人も秤を三つもっている。買うためには、重い秤を、売るためには、軽い秤を、用心深い人々のためには正しい秤を。」(モンテスキュー、法の精神、岩波文庫より)
また、日本の戦前における中国研究の碩学、「桑原じつぞう」もその全集の中で、中国人の自分に都合の良い秤のことを指摘してます。
桑原じつぞう、内藤湖南、我が信州出身の宮崎市定の論文・書籍等は今日の中国・中国人の国民性を寄り深く知り、交渉、外交の上でも大変参考になります。いまマスコミで流行の中国通の日本人評論家、中国人評論家の意見は僕は耳をかたむけません。相手国の歴史を良く調べ「古典にかえれ!」です。
それが、日本が中国と今後本当のビジネスが出来るかどうか一番のポイントだと僕は考えます。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング