ホーム > 宇都宮ニュース > 人間の進歩について

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2015.08.10
人間の進歩について
湯川秀樹さんと小林秀雄さんの対談は人間の進歩についてをテーマに昭和23年戦後まもない頃、新潮に掲載された。
小林秀雄はニーチェの永遠回帰説の思想を湯川秀樹さんに問い、湯川さんは宇宙というのは無限のものではなしに、何十億年前に初めてできた。とにかくできた。しまにはなくなるかも知れない。なくなるかなくならないか、いろいろな説がある。と対談で述べている。ビックバンのこと。
この対談のあと、湯川氏はプリンストン高等研究所に行き、翌年、42歳でノーベル賞を受賞する。法則と信仰のところは面白い。そして深い。
2015.8.10
検索
前月 2022年5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング