ホーム > 宇都宮ニュース > 毎時毎朝の決断

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

2007.04.25
毎時毎朝の決断
昭和53年、社会人一年目のスタートは証券会社の札幌支店からです。
証券会社の朝は早いのが当たり前で、幸い朝型人間でしたので苦も無く
スタートを切ることができました。
生き馬の目を抜くほど、競争の激しい証券業界、直ぐ上の先輩はもとより
同期も最大のライバル。数字、実績が全て、理屈抜きで解りやすい業界。
同期が辞めていっても、ライバルが一人減り、将来の役員の路が
一歩近づいたと、自分に言い聞かせた日々を思い出します。
朝7時には出社。(競争に打ち勝つには当たり前です)。
それ以来、会社創業後も朝型のビジネススタイルは変えておりません。
前夜遅い事があっても、朝7から7時20分には必ず日本橋のオフィスに
出社しています。気がつくともう30年近くやっていることになります。
社用車は必要も無く、無駄ですから持ちません。
いつも地下鉄で通勤していますが、私のメンター(風水の松永修岳)のアドバイスの中で特に私が取り入れて良かったと思うものは、毎朝の通勤経路、乗車車両を変えてみる事です。
朝の通勤時間は皆さん、同じ時間、同じ車両に乗られる事がほとんどかと思います。毎朝、ほぼ同じメンバーに同じ空気感。たった一本電車をずらす事で、全く別のドラマが繰り広げられるのです。
毎朝の生活に変化をつけて、朝の脳がよりアクティブになります。
決断を求められている事、重要な判断をしないといけない時
強運、勢いを引き寄せる為にどちらのルートが良いか
総力を挙げた毎朝の決断が一日の流れを変えるのです。
脳がスッキリしている時、決断の答えは総じて正解です。
このビジネススタイルはまだまだ続きそうです。
18181818181.jpg
創徳企業情報 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング