ホーム > 宇都宮ニュース > 小滝橋のミッシェル・ポルナレフ

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
小滝橋のミッシェル・ポルナレフ
%E6%9D%BE%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A.jpg %E7%99%BD%E8%8A%B1%E7%B7%9A%E9%A6%99%E8%8A%B1%E7%81%AB.jpg
週末、好きなTV番組「田舎に泊まろう」を見ていると流れてきたミュージックがミッシェル・ポルナレフの曲。僕の好きな歌手で曲を聴いているといつも僕の21歳の時にタイムスリップします。
その頃、僕は5回目の引越しで西早稲田に。高校、大学の1年先輩のK先輩は南浦和にあった長野県学生寮を出て、彼女と同棲するため小滝橋のアパートに引越しをする。
しかしロマンチストのK先輩はオモィきりふられ、一人暮らし。当時は携帯もありませんから、傷心の先輩宅にいくと、いつも留守。鍵もかけずに先輩の部屋に上がり込むと、高級なステレオから流れていた曲がミッシェル・ポルナレフでした。
几帳面な先輩の冷蔵庫をみて、野菜たっぷりの焼きうどんを作り腹ごしらえをし、先輩がパチンコで取った、セブンスターに火を点けると先輩がきまって、近くの銭湯からタオルで頭を拭き・拭き帰ってくる。
「徳(トク)元気?」いつも決まってこの言葉。そして、ミッシェル・ポルナレフの曲を2人で大の字に寝そべって聴いていたもんです。
小滝橋のアパートの窓から見える、すっかり黄色く色ついたイチョウの葉。そして、この曲は僕にとり青春そのものです。
%E3%83%AD%E3%82%B4.jpg     りんどうの花言葉:「正義と共に勝利を確信する」「気遣う心」     
                   創徳企業情報 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング