ホーム > 宇都宮ニュース > 軽井沢からの来訪者

宇都宮ニュースUtsunomiya_news

..
軽井沢からの来訪者
軽井沢で企業経営をしている三代目の若手の社長が三年ぶりに来られた。
ヨーロッパにも販売網があるが、リーマンショック以上にヨーロッパの景気は冷え込んでいる話しを聞く。ファミリー企業だが金融資本も入っている。将来、公開(IPO)もM&Aも選択肢が考えられるなかで、30代後半でもあり、当面、自分が経営していく気持ちが確りしてきた。
その話しを聞きながら、「ところで、K社長は2代目会長のご両親と環境の良い、軽井沢で同じ敷地に住んでおられるのですか」と質問してみた。
「宇都宮社長、とんでもない、私も妻も、ファミリー企業といえども、同居、隣接はいやで、車で15分の所に住んでいます」
それは、あなたが今後、経営者として確りできる証のひとつです。創業者の支配力(場所も)のなかにいる子息は社長として大勢しません。それは僕自身の永年の経験からの答えなのです。そう言うと、若手K社長はメモを取りながら、ニコッとされた。応援したくなった。
SOTOKU    創徳企業情報(M&A仲介) 代表取締役社長 宇都宮徳治
検索
前月 2022年7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ
宇都宮ニュースランキング